doors doors
昔の携帯電話

レトロへのこだわりと現実との境界について

  • HOME
  • OTHERS
  • レトロへのこだわりと現実との境界について

レトロへのこだわりと現実との境界について

昔の携帯電話

1つ前の記事で触れていた「ガチなバック・トゥ・ザ・フューチャーファン」とは僕のことかも・・・。

わりと古いものに愛着があります。
なんでもかんでもという訳でもなく、年代のこだわりもなく、単純に「自分の心に刺さるもの」が基準で、それを満たすものを発見すると所有欲がブワッと湧いてきます。新品で入手して長く使い続けているものも含みます。

そんな中途半端な「こだわり」に、境界線をひくことの難しさを感じる今日このごろです。

【エピソード1】

長年愛用していた「パカッと開くガラケー」ですが、最近勝手に電源が切れる症状が頻発し引退を余儀なくされたため、断腸の思いでスマートフォンに変更。

デジタル機器が過去から現代へタイムスリップしたことへの衝撃は大きく、プライベートでも仕事でもたいそう便利で、今までガラケーにこだわり続けていたことを大きく後悔。

webの記事で誰かが言っていた「これからの日常生活ではパソコンがいらなくなる」の意味が少しわかった気がしました。

教訓:こだわりを捨ててでも、時代に合ったものを持つほうがよい場合がある。

CASIOデータバンク
[CASIO Data Bank]並行輸入なら今でも新品を買えるという微妙なレア感もgood

【エピソード2】

数年前に、クルマのCMで「このクルマまだ使えるけどエコ替え!」と関根勤さんが言っていたシーンが忘れられない。

僕たち“団塊ジュニア世代”が子供の頃は「物を大切にしよう」と教わっていたはずですが、時代が変わるとこうも変わるのかと、複雑な思いを抱いた記憶があります。

新車も13年経過すると税金が上がり、旧車オーナーに襲いかかります。old carの文化よりも経済を回すほうが優先、ということなのでしょう。

既に税金が上がった私のクルマ、まだまだ乗り続けるつもりですが、この「こだわり」も捨ててしまえば“明るい現代”にタイムスリップできるのだろうか・・・。

教訓?:捨てられない「こだわり」もある・・・。

古いワーゲン

【仕事について考えてみる】

一時期は「世の中から紙が無くなることはない。紙媒体の仕事の可能性を探ろう」と、紙へのこだわりを持っていた時期もありました。
しかし私たちの仕事は古くは活版印刷にはじまり、その後の技術の進化に対応して今に至っているわけで、その変化を先読みまではできなくても上手に利用していかないと生き残れない世界のように感じます。
紙からweb、動画、そしてその先は・・・?

プライベートはさておき、仕事では今までやってきたことに「こだわり」は持たず、いつでもいい波に乗れるようにしていたいです。

追伸:バック・トゥ・ザ・フューチャーにまつわるアイテムを1点、この記事内に入れています。
答えはこちら↓
CASIOの腕時計。映画の冒頭で、マーティーがしていた(色違いですが)

関連記事

AfterEffectsでボーリングやってみよう

最近無性にボーリングがやりたくなる自分です。昔のようにパワーがないので、行く人に声かけて、グループ分けして、賞品考えて… なんてことを考えると急に億劫になってし...

紙ジャケが好きだ

私は音楽を聞くことが日々の楽しみです。「音楽なんてみんな聞くじゃん!」なんて言われそうですが、どうも昔から世間で流行っている音楽はあまり聞かず、マジョリティより...

【デザイン脳への道】#01|カラーリングとキーワード

こんにちは。犬の事ばかりじゃないか!とお叱りを受けそうなので、この辺りでデザイナー的なハナシでも。。昭和から平成を股にかけデザインをオシゴトにしてきた中でこんな...

WEB:企業サイト、PRサイト、ランディングページ、バナー制作やCMS構築、モーショングラフィックス、VP、動画制作、パンフレット、ポスター、チラシ、DMなど制作から印刷・納品まで。 お気軽にお問い合わせください。東京・名古屋近郊の打合せもご相談ください。

花粉症との戦い

花粉症の季節がやってきてしまいました。 今年は去年より多いそうで、筆者は戦慄して...

進化したGoogle レンズ

写真や画像に関連する情報を取得したいなら、「Googleレンズ」が便利です。 こ...

もうすぐ節分!ことしは2月2日

早いもので1月があっという間に過ぎ、2月を迎えようとしています。 2月といえば節...

右横文字のアイキャッチ画像

はたらくクルマの“右横書き”に見る、風習や習慣の変化について。

トラックや業務用車両の右側面によく見かける、右から左に向かって書かれている「右横...