WEB制作(ホームページ・レスポンシブデザイン)

  • HOME
  • WEB制作(ホームページ・レスポンシブデザイン)

WEB制作

デザインスタジオドアーズ名古屋では、WEBデザイン・WEBサイト制作、ホームページ制作を承っております。
WEBデザイン・WEBサイト制作といっても単純に作って終わりではなく、その後の運用や解析などをご提案できるのが強みです。ニーズ・ウォンツを考え、ご要望に合わせたプランを用意し、ご提案いたします。

WEBサイトという整理された情報の場をつくる

現代ではtwitterやInstagram、Facebook、YoutubeなどによるSNS・動画発信の場が増えてきました。
多くの企業がこの流れを利用していますし、中にはWEBサイトが無く、SNSだけで活動されている企業もみえます。しかし、これらSNSの情報は常に流れており、情報の陳腐化も早く、見てもらうための情報更新頻度は高く、情報量なども制約があるため提供側の体制も十分でなければいけません。スピードが重要視されることの方が高い手法です。

WEBサイトも更新が必要ではありますが、企業情報があるフィールドは企業のドメイン内であることが殆どですから、まったく違う他の情報によって陳腐化することはありません。フィールドが決められていることで、訪れてさえいただければ提供する情報に差がなく多くの方に発信することができます。企業案内パンフレットや商品紹介カタログなどと同様に整理された情報をいつでもどこでも閲覧することができる。利便性や信頼性を高めることからもWEB制作は重要だと考えています。

WEB制作をご要望と予算に合わせたご提案

WEBサイトは無限の領域にコンテンツを配置することができます。一言でWEB制作と言っても企業サイトから商品紹介・購入、採用に関するものや、目的を定め特定のコンテンツ情報を提供するLP(ランディングページ)、膨大な情報から抽出した内容を少数ページで構成するなど、多種多様なコンテンツの提供があります。
WEB制作はWEBデザイン、コーディングと大きくは分けられると思いますが、WEBデザインのアプローチによってはそこに動きを加えるなど、単に内容を提供するだけではなく、訪れたユーザーに対して印象に残る、楽しませてくれるWEB制作が必要になります。
また、更新頻度が多い場合やページ数が多い場合にはCMS構築のご提案をすることで、運用側の効率化もご提案いたします。こうした様々なアイデア、技術を限られたご予算で最大限のパフォーマンスができるよう考え、WEB制作をご提案します。

レスポンシブ対応とWEBデザイン

2021年はGoogleもモバイルファーストを優先して評価するようになります。
これは「スマホが最初」という意味ではなく、如何に「最適化」されているかが問われており、この時によく出てくるワードが「レスポンシブ」です。

レスポンシブを考慮したデザインなど難しいことはお任せください

デザインスタジオドアーズ名古屋では、グラフィック・WEBに精通したデザイナーがいますので、「レスポンシブを考慮する」部分をお任せください。
デザイナー方々は、例えばPC用の画面デザインを先行してデザインしていただき、弊社でスマホ、タブレットなどの各デバイスに最適化したレイアウトデザインを行います。
デザインデータを共有いただくことで、本来のデザインに専念でき、且つその後に発生する軽微な変更や修正なども、弊社にてWEBデータとして考慮した対応ができますので、そうした煩わしさから開放されます。

モバイルファーストは、PC(特にノートパソコン)やタブレットを置き去りにできるものではありません。画面の広さ(情報量の整理)から考えれば、PCのデザインを先行して進めながら、スマホに最適化していくにはどうやってコンテンツを整理していくのかといった考えが必要になります。情報の整理、見せ方の工夫をデザインスタジオドアーズ名古屋は提案していきます。

レスポンシブデザインとは?

レスポンシブをグラフィックデザインに例えるなら

レスポンシブはパソコン、スマホ、タブレットなどの表示、多岐にわたる解像度に最適化された見え方ができている、必要最低限のデータで共有化しているといったことです。
グラフィックデザインをメインにされているデザイナー方々には、この意味が最初のハードルになるかと思います。
例えるなら、A4縦サイズでデザインされたデータをA3縦やB4縦に出力することは倍率の変更で対応できても、縦を横サイズに変更するとなるとデザイナーによる手直しが必要です。
これが、比例した縦・横であれば1種ずつ作成で済むかもしれませんが、名刺サイズ、封筒サイズ、ハガキサイズへ展開となればすべてのサイズに対してデザインが必要になります。
これと同じことをWEBではHTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラムで制御しようとしています。これをできる限り少ないファイル構成、データ容量で「最適化」するのが「レスポンシブ対応」になります。

レスポンシブを考慮しないと

レスポンシブを考慮しないデザインを、一部のデータを共有化してアウトプットすることは可能です。しかし、見た目(ブラウザで見えている部分)は良くても、その後に発生する変更や修正、追加によるレイアウト変更などに多大な時間・労力が必要になるといったことを経験されたことはないでしょうか。また、テキストの変更をしただけなのにすべてのデバイスでチェックしなくてはいけない、といった状況も発生します。
また、デザインを優先するあまりWEBフォントやデバイスフォントで対応したいテキスト部分を画像テキストにしなければいけなかったり、デバイスが変更される際のレイアウト移動のセオリーが考慮されていないため、本来では不要な二重の書き込み(プログラムの重複)が必要になったりといったことです。
「見た目が同じならいいんじゃないの」に対する答えは難しいですが、少なからずSEOに影響する可能性は否定できません。

WEB制作をWEBデザインのみ、コーディングのみといったご相談が可能です。

WEB制作は大きく分けてWEBデザインとコーディングとお伝えしました。デザインスタジオドアーズ名古屋は、WEBデザインのみ、コーディングのみといったご相談、CSSやjavascriptによるアニメーション、動画コンテンツ制作から設置などにも対応いたします。

WEBデザインを当社で対応させていただき、コーディングについては関連企業様へご発注という流れも可能です。
また、既にグラフィックデザインが完成されている、パンフレットなどの紙媒体がある、そうしたコンセプトやトンマナを引き継ぎながらWEBデザインに展開することや、VP(ビデオプロモーション)などの動画素材があるがWEB用に準備されていない場合も対応いたします

コーディングのみといったご要望も多く承っています。すでにレスポンシブを考慮したデザインデータを支給いただきWEB制作する場合やデザインはPC画面のみといったデータでも、当社にてスマホやタブレットを考慮したデザインを引き継ぎコーディングを行うことができます。

解析を用いてその後の運用方法を定める

WEBサイトのページは制作したら終わりではありません。
店舗を持つのと同じで、作ることがスタート、そこから運用をしていく必要があります。

デザインスタジオドアーズ名古屋では、アクセス解析SEO対策などを用いて、WEBページへのアクセス数や、そこから流れ込む問い合わせ数、売上数、リピーターの増加などを目標に今後の運用方法について一緒に考え、ご提案いたします

お気軽にお問い合わせください。名古屋近郊の打合せもご相談ください。