Brackets|サポート終了

Brackets|突然、告げられるサポート終了

参りました・・・2021年9月をもってBracketsサポート終了です。
確かにAdobeとしては、BracketsがあるとDreamweaverいるの?ってなりますよね。Dreamweaverにはライブラリという強力な機能があるし、ここのところ動作も良くなってきているし。分かりますよ、分かります。
しかし、Bracketsの使いやすさ、プラグイン導入のし易さ、特に記述比較(diff)やリンク画像のプレビューは重宝していたのです。

BracketsはVisual Studio Codeを推奨?!

だったので、VSCを早速インストール。しかし・・・正規表現でHTML(など)が書かれていないとコメントアウトされた部分が認識されない(もしかするとプラグインなどで対応可能かも知れません)。個人的にはこの時点でアウトです。
CMSで管理されたHTMLは共通部分がモジュール化されて任意に書き込めるエリアには記述がありません。HTMLとしては中途半端な状態です。これを認識してくれませんでした。

当社のエンジニア推奨、Sublime Textを代替に

そこで、優秀エディタとして名が挙がるSublime Text(当社エンジニアも推奨)をインストール。プラグインの導入方法にクセがありますが充実しています。どんなアプリケーションでも最初はおぼつかない、徐々に仕様になれていくことでしょう。

関連記事

Brackets|サポート終了からその後・・・

Brackets|サポート終了からその後 結論からお伝えすると、今は「Brackets」に戻っています。状況によってDreamweaverは併用しますが。 Su...

Illustrator|アピアランスでボタンを作る

イラストレータのアピアランスを使ってボタンを作る Illustratorのアピアランスを使った方法はボタンに限らず、いろいろな場面で活用できるのでおすすめです。...

Illustrator|透明マスク|不具合解消

透明マスクの不具合、修復|20.02.12 透明(マスク)パレットで、マスクを作成してもリアルタイムで描画(表示)されない問題が解決しました。この記事を書いた時...

Photoshop|WEB用に保存で画像が100%にならない

21mのデータ作成したらどうやって出力するんだろう Photoshopのカンバスサイズは300,000pxまで作成可能で、背景色が白色の何もない状態でもファイル...

お気軽にお問い合わせください。名古屋近郊の打合せもご相談ください。