Brackets|サポート終了からその後・・・

Brackets|サポート終了からその後

結論からお伝えすると、今は「Brackets」に戻っています。状況によってDreamweaverは併用しますが。
Sublime Text、VS code、Atom・・・。しかし、どうしても「ISO-2022-JP」で制作、保存しなければならない案件があり、その時はBracketsを起動して作業をします。

(私にとって)Bracketsの最大のメリット、記述ミスを視覚化してくれることです。
Sublime Textもタグの始めと終わりを結んでくれますが、注意喚起まではできない・・・。VS codeやAtomもデフォルトでは同様の効果が得られなかったです。
ISO-2022-JPについては、検索するとBrackets以外は全滅のようです。この2つの機能がBrackets以外に備わってくれれば。
Dreamweaverはどうしても動作が緩慢で、状況によってはフリーズします。
Dreamweaverが、シンプル、アドバンスドといった構成変更ができると良いなと思います。何というか、エディタ達で言うところの機能拡張の様な仕様、セットしたり外したりできる。それともAdobe Senseiの力でフルスクラッチのサポートをしてくれるかな。

関連記事

Brackets|サポート終了

Brackets|突然、告げられるサポート終了 参りました・・・2021年9月をもってBracketsサポート終了です。確かにAdobeとしては、Bracket...

Illustrator|アピアランスでボタンを作る

イラストレータのアピアランスを使ってボタンを作る Illustratorのアピアランスを使った方法はボタンに限らず、いろいろな場面で活用できるのでおすすめです。...

Illustrator|透明マスク|不具合解消

透明マスクの不具合、修復|20.02.12 透明(マスク)パレットで、マスクを作成してもリアルタイムで描画(表示)されない問題が解決しました。この記事を書いた時...

Photoshop|WEB用に保存で画像が100%にならない

21mのデータ作成したらどうやって出力するんだろう Photoshopのカンバスサイズは300,000pxまで作成可能で、背景色が白色の何もない状態でもファイル...

お気軽にお問い合わせください。名古屋近郊の打合せもご相談ください。